Windowsから移行「MacBrook Pro 2018」 をレビュー

MacBook Pro 2018 が注文後10日経過してようやく、ようやく、私の手元にあります!

正直、待ちくたびれて到着した際に何も感じてませんでした。

とりあえず、MacBook からの初投稿に当たります。

今回の投稿ではWindowsから移行して使ってみるMacの使用感を書きます。

今回、購入したMacBook Pro

13インチのモデルからCPUとストレージをアップグレードしてあります。それにしても高い・・・。これからこき使っていくのでよしとしましょう。

カスタマイズすると中国・上海から配送となるので配送時間がかかりました。うん。待つの好きじゃないから10日間は結構辛かったです。笑

毎日クロネコヤマトの配送状況をにらめっこしてました。

到着してすぐに事前購入しておいた MacBookシェルとキーボードカバー、そして画面保護シートを装着してこんな感じの見た目に!

落ち着いた色合いが好きなので全体的に緑と青で仕上げてます。

画面保護シート、貼り付けに失敗して気泡やらホコリやら入りまくりなわけですが、使用中にどこにホコリと気泡があるのか分かりません。なので、失敗を恐れずに画面保護シートをとりあえず貼っとくことをオススメしときます。

とりあえず使ってみた

とりあえずMacBookを使い始めてみました。

Windowsから移行した身としては、今の所はとにかく使いづらいです。USキーボードからJISに変えてしまったもひとつの原因だと思いますが、ショートカットキーが分からなかったり、予測変換が優秀すぎて利用者の私が追いついていないところもあり指が疲れてます。

今、書いているこの記事でもタイプミスしまくりで正直手直しするので指が筋肉痛になりそうなレベルで苦戦しています。

しかし、これまで利用していたWindowsと比べると、予測変換の手間が大分省けるので慣れたら楽しそうではあります。

あと、Touch Barなるものがくっついているのですが、

今の所、使いこなせる気が全くしません。

カスタマイズで色々できるようになるらしいのですが、とりあえず文字の予測変換と画面の明るさ調整・音量調整が楽しくなったぐらいですかね。

MacBookを買ったら、まず初期設定

私の場合はまず初めに以下の設定をしました。

  • ウィルス対策ソフトの導入
  • chromeやspotifyをダウンロードする
  • プログラミング用のソフト(atomなど)をダウンロード
  • software アップデート

です。こんなことをやっていたら数時間普通に時間を食っていました。

MacBook買ってよかったこと、現在・・・

とりあえず、予測変換がとても優れているので文字を書くのがスイスイでブログアップに励みやすくなったこと。

これまで利用していた?と比べると、ヌルヌル動くし立ち上げも早いので優秀です!chromeでタブ増やしまくっても動作遅くならないし素敵・・・!

これから使い倒して良いところを色々発見できたらいいなぁ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする