【Amazon Prime Video】HITOSHI MATSUMOTO Presents Documental(ドキュメンタル) がメチャクチャ面白い!

© 1996-2018, Amazon.com, Inc. or its affiliates

テレビCM、YouTubeでCMなんかも流れているはずの人気作「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」をシーズン1からシーズン5まで一気見しました!

「笑いをこらえる」という年末のガキ使を彷彿とさせる番組内容ですが、地上波でないだけに内容の過激さは、それ以上でした。笑

せっかくシーズン1からシーズン5まで観たので、それぞれの感想を述べたりしちゃいたいと思います。

番組内容

松本人志プレゼンツ、密室笑わせ合いサバイバル。10人の芸人たちが自腹の参加費100万円を握りしめ、芸人のプライドと優勝賞金1000万円をかけて笑わせ合う。最後まで笑わなかった者が勝ち。密室に閉じ込められた芸人が極限まで追いつめられることで生まれる本能むき出しの笑いを見逃すな!

引用: https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B01N44CSBV/ref=atv_wtlp_wtl_5

各シーズンごとに、参加するメンツの顔ぶれが異なっているのでサバイバルの展開が異なっていて面白いです。

あらすじの注意書きに以下のものがあります。

※当番組は、番組の性質上、ご覧になられる方によっては一部不適切と感じられる場合がございます。予めご了承の上、お楽しみ下さい。

番組の性質上なのか良く分かりませんが、全裸は当たり前ですし、股間(薄いモザイク)もろみえで、またシーズンによっては放尿が数回あるという恐ろしい作品です。

なので、下ネタ苦手の人は全くお勧めできないやつですw

優勝賞金1000万円という高額賞金ですが、売れっ子の芸人さんにとって100万円ってそこまでひどい額じゃないと思うんですよね。なので、人によっては松本人志の番組で活躍する「名声」を目的に参加されている芸人さんも少なくないのではないでしょうか?

シーズン1

参加メンバー

  • ジミー大西
  • 藤本敏史(FUJIWARA)
  • 宮川大輔
  • くっきー(野性爆弾)
  • 大池洋輔(ダイノジ)
  • ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)
  • 久保田かずのぶ(とろサーモン)
  • 川原克己(天竺鼠)
  • 斉藤司(トレンディエンジェル)
  • アントニー(マテンロウ)

シーズン1では、みんな探り探りで「お決まりの展開」みたいなものも無い状態なので全てのシーンが非常に新鮮です。シーズン1から5を通して、サバイバルゲームとしての新鮮さ面白さが一番出ていたと思いました!

笑ったか、笑ってないかの線引きが難しいのかな?と思いました。松本人志さんがジャッジをするのですがフジモンとかの表情にジャッジは甘目だったと思います。

ただ、番組的にはフジモンがいるといないとでは展開の面白さが全く異なるので松本さんもフジモンを退場させにくかったのかな?と思いました。実際、フジモンの笑いそうな顔が異常に面白いですからね。笑

あと、シリーズ通して一番面白かったボクシングのシーンも必見です。このシーンの展開を知っていても笑っちゃう神がかった面白さでしたね。天竺鼠の川原さんの「なにやってんだこいつ」感も笑いの空気づくりに役立っているんでしょうねw

https://twitter.com/akinoshu0513/status/937998644157980677

また、シーズン1では野生爆弾のくっきーがゲームメーカーだったと思います。彼の行動は注目をひきますし、笑いならではの「裏切り」でどうしても笑ってしまいます。

シーズン1の展開をベースに他のシーズンが展開していることが多いので、ドキュメンタルシリーズの基盤を作りました!とりあえずドキュメンタルみたい!という人はシーズン1をみれば十分だと思います。

気に入れば他のシーズンをみてもいいのかなーって程度。

個人的に面白かったメンバー

  • 宮川大輔
  • くっきー(野性爆弾)
  • 川原克己(天竺鼠)

シーズン2

参加メンバー

  • ジミー大西
  • 藤本敏史(FUJIWARA)
  • 宮川大輔
  • 日村勇紀(バナナマン)
  • 児嶋一哉(アンジャッシュ)
  • 小峠英二(バイきんぐ)
  • 大島美幸(森三中)
  • 吉村崇(平成ノブシコブシ)
  • 津田篤宏(ダイアン)
  • 斉藤慎二(ジャングルポケット)

森三中の大島さんも参加して、女性の活躍がみられるシーズン2。更に、シーズン2では追加ルールとして「最後まで生き残った上で、笑わせた数が多い人が優勝」ということになりました。

なので、今回の参加者の皆さんは他の人を笑わさせることにより積極的になった印象です。

シーズン2ではシーズン1の展開を踏襲して、「お笑いの師匠イジリ」やら「全裸になって股間をさらす」展開が増えます。視聴者としてはそこまで面白くないようなことなのですが、笑いをこらえている出演者の人の顔をみるとつい笑っちゃうこともあります。

シーズン2では、最後のエピソードが正直、視聴しているのが辛かったです。というのも、このドキュメンタルシリーズはメンバーが脱落すればするほど下ネタと暴力に頼りがちな印象があるんですよね。

あとシーズン2では宮川大輔さんの脱落が早すぎたかな・・・。宮川さんはシーズン1で、面白い展開をうまく作れていた人なのでとても期待していたのですがあっさりと脱落してしまいました!

個人的に面白かったメンバー

  • 藤本敏史(FUJIWARA)

シーズン3

参加メンバー

  • 山本圭壱(極楽とんぼ)
  • 木下隆行(TKO)
  • ケンドーコバヤシ
  • くっきー(野性爆弾)
  • 後藤輝基(フットボールアワー)
  • 伊達みきお(サンドウィッチマン)
  • RG(レイザーラモン)
  • 秋山竜次(ロバート)
  • 春日俊彰(オードリー)
  • 岩橋良昌(プラス・マイナス)

シーズン3でも大活躍でした、野生爆弾のくっきー。狂気的な笑いとはまさにこのこと。

シーズン3の面々はガタイの良いメンバー大集合でした。春日さんが、かなり活躍していた印象です。といっても春日さん、口数が多いわけでもツッコミをするわけでもなく「体の全てをさらけ出す」かなりヤバい下ネタで笑いをとってます。

地上波では絶対に流れないヤツですw ただ、個人的には気持ち悪くて笑えませんでしたが・・・。笑

今回のシーズンでは、新システム「ゾンビ」が導入されました。脱落したメンバーが生存しているメンバーを笑わせにくるシステムです。

このシステムのおかげで普段はみることのできないコンビ芸・コントがみることができて番組終盤でも「痛い展開」をうまく避けているように思いました!

特に「ケンドーコバヤシ × 秋山竜次(ロバート)」は、ある種、伝説的なコントを生み出したといってもよいでしょう。秋山竜次の「中国マッサージ」のアイデアはどこから生まれたのか・・。

個人的に面白かったメンバー

  • くっきー(野性爆弾)
  • 秋山竜次(ロバート)

シーズン4

参加メンバー

  • 宮迫博之(雨上がり決死隊)
  • 藤本敏史(FUJIWARA)
  • 飯尾和樹(ずん)
  • くっきー(野性爆弾)
  • 井戸田潤(スピードワゴン)
  • 黒沢かずこ(森三中)
  • 大悟(千鳥)
  • ノブ(千鳥)
  • 西澤裕介(ダイアン)
  • クロちゃん(安田大サーカス)

ドキュメンタル至上、いや、これまで観たバラエティ番組のなかで最も「下品」だった回。女芸人の森山中・黒沢さんも出演されているのですが、そんなことおかまいなしで股間のもろみせと公開放尿が行われた問題作。

笑えるというよりも、驚愕しました。お笑い芸人って、「追いつめられるとここまでするのか」と色々な意味でのプロ根性をおしえてもらえるシーズンです。

今回もくっきー大活躍すぎて、下品以外だと「くっきー」の印象が残りすぎてます。くっきーが本シーズンのゲームメーカーとして活躍しまくりでした。

噂によると、お笑い芸人キラーなんですね。くっきーの面白さがつまったのが本シーズンですが、例によって女性にはおススメできません。笑

そして、本シーズンはクロちゃんの闇も詰まってます。

個人的に面白かったメンバー

  • 飯尾和樹(ずん)
  • クロちゃん(安田大サーカス)
  • くっきー(野性爆弾)

シーズン5

参加メンバー

  • ジミー大西
  • 千原ジュニア(千原兄弟)
  • ケンドーコバヤシ
  • 陣内智則
  • たむらけんじ
  • ハリウッドザコシショウ
  • 高橋茂雄(サバンナ)
  • 秋山竜次(ロバート)
  • 狩野英孝
  • 山内健司(かまいたち)

https://twitter.com/dokyumentaru/status/1040620810656989184

他シーズンとくらべて、一番控えめに終わったシーズンでした。そして多分、ラストシーズンでもあったと思います。

本シーズンでは追加ルールとして「誰かを呼べる」システムがつきました。参加メンバーそれぞれがあらかじめ自分と組んで笑いを起こせる誰かを用意できるシステムです。

本システムを非常に有効活用できたのが「山内健司(かまいたち)」そして「秋山竜次(ロバート)」だったと思います。シーズン3につづいてですが、ロバートの秋山さんはどこからあんなゲストとアイデアを持ってくるのか謎すぎます、そして面白すぎます。

そして、これも見れるかもしれませんw

個人的に面白かったメンバー

  • 山内健司(かまいたち)
  • ケンドーコバヤシ
  • 秋山竜次(ロバート)

おわりに

アマゾンプライムの会員だったら、ドキュメンタル見ないのは損じゃないかなと思います。とりあえず、予告部分なんかはぶっ飛ばしてゲーム開始から見てみてはいかがでしょうか?

個人的にはシーズン1が一番おススメです!(一番、下ネタが控えめなので。笑)

また、ドキュメンタルの続編的な扱いでしょうか?松本人志さんがプロデュースする新番組がAmazon Prime で始まったようです。

その名も、

Freeze

これから、チェックしてきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする